スキップしてメイン コンテンツに移動

ソニー純正マウントアダプターLA-EA1/LA-EA2/LA-EA3の違い


ソニー純正のEマウントアダプター(LA-EAシリーズ)は、ソニーα用レンズをNEXカメラボディに装着して使用するためのマウントアダプターです。
LA-EA1, LA-EA2, LA-EA3の3種類が存在します。

LA-EA1, LA-EA2の違いとは?


スポンサーリンク


マウントアダプター LA-EA3
2012年発売

マウントアダプター LA-EA2
2011年発売 幅 78.5 x 高さ 86.5 x 奥行き 44mm 重量:200g

マウントアダプター LA-EA1
2010年発売 最大径φ 約65mm 全長 約26.6mm 重量:110g

LA-EA2ではすべてのソニーαレンズでAF(オートフォーカス)が可能です。
LA-EA1ではSAM、SSMレンズのみAF可能。
LA-EA2は位相差AF、LA-EA1はコントラストAFです。
コントラストAF=明暗差(コントラスト)が大きなところを探してピントを合わせる方式
位相差AF=二つのレンズで分離した被写体の像間隔を専用センサーで計測し、像間隔がある値になったレンズ位置を合焦状態とする方式
オートフォーカスモードはLA-EA2がシングル/コンティニュアス、LA-EA1はシングル固定。
オートフォーカスエリアはLA-EA2がワイド、中央に固定、ローカル。LA-EA1がマルチ、中央重点、フレキシブルスポット。







このブログの人気の投稿

オールドレンズがよみがえる。マウントアダプターの全一覧

X-Pro1/X-E1でオールドレンズが使えるマウントアダプター、全一覧

Gレンズ含むニコンFマウントニッコールが使える富士フイルム X-Pro1マウントアダプター

・関連記事
富士フイルムX-Pro1,X-E1でニッコールが使えるニコンFマウントアダプター

Nikon G - FUJIFILM X-Pro1/X-E1
ニコンGレンズを含むニコン・ニッコールを富士フイルムXマウントで使用できるマウントアダプターです。ニコン一眼レフで使用するニッコールの写りをデジタルで記録できます。マニュアルフォーカスのニッコール、AFニッコール、Gタイプニッコールのすべてをマニュアルフォーカスで使用できます。デジタル専用のニッコールGレンズでも、絞り調整が可能です。
アダプターの側面には、絞りを調整するためのリングが搭載されております。絞りリングを持たないGレンズでも、開放から最小まで、絞り変更が可能です。「LOCK⇔OPEN」と書かれたリングを「LOCK」側へまわすと絞り開放、「OPEN」側へまわすと絞り最小になります。