スキップしてメイン コンテンツに移動

トプコンREオートトプコール58mm F1.4をM42マウントへ改造する方法




トプコンREオートトプコール→M42マウント改造アダプター
トプコンのREオートトプコールを、M42マウントに改造できるマウントアダプターです。M42マウントへ改造すると、トプコン以外の様々なカメラへ装着が可能になります。作業時間は3分。ドライバー1本で簡単に改造できます。改造後も無限遠OKです。改造と逆の手順をたどれば、簡単にトプコンマウントへ戻すことができます。2003年にコシナから「オートトプコール58mm F1.4」(M42・ニコン用それぞれ800本)が限定発売されましたが、このアダプターを使用すれば、「5.8cm F1.4」をふくむ、全てのREオートトプコールを、無限遠OKのM42マウントレンズとして活用できます。M42はマウントアダプターの母艦ともいえる規格ですので、改造後のトプコールにM42対応マウントアダプターを装着すれば『ニコンF+トプコール2.5cm F3.5』や、『ペンタックスK-7+トプコール5.8cm F1.4』、『ソニーα700+トプコール10cm F2.8』など、今まででは考えられなかった組み合わせで撮影が可能となります。「トプコールを多数所有しているが、持て余しているレンズがあるので有効利用したい」、「フィルム撮影の機会が激減したため、デジタル一眼レフでトプコールを活用したい」という方におすすめです。簡単な作業でM42マウントに改造できる上、改造後は多数存在するマウントアダプターを使って、さまざまなデジタル一眼レフでトプコールの描写を記録できます。

スポンサーリンク


SONY α300, RE,Auto-Topcor 58mm F1.4 M42改造


REオートトプコールと改造アダプターを用意します

4本のネジをはずします
マウント部分を上にもちあげ、はずします
トプコンマウントをはずした状態です
弓なりの部品(上下2枚)のうち、上の1枚だけをはずします
下の部品は残して下さい(クリックボールを抑えるパーツです)
アダプター裏の↑(矢印)を、レンズ指標のある方向へ向けます
ねじ穴の位置が一致するように、アダプターを置きます
4本のネジを締め直します
M42マウントへの改造が成功しました
Canon EOS 50D, RE,Auto-Topcor 58mm F1.4 M42改造
OLYMPUS E-510, RE,Auto-Topcor 58mm F1.4 M42改造
PENTAX K10D, RE,Auto-Topcor 58mm F1.4 M42改造
LUMIX G1, RE,Auto-Topcor 58mm F1.4 M42改造
PENTAX SP, RE,Auto-Topcor 58mm F1.4 M42改造
Nikon F, RE,Auto-Topcor 58mm F1.4 M42改造


【改造できるレンズ】トプコンREオートトプコール
※UVトプコールやRトプコールなどは対応しません
【改造後のマウント】M42マウント
改造後も、絞りリングの操作によって実絞り可能です。

このブログの人気の投稿

オールドレンズがよみがえる。マウントアダプターの全一覧

X-Pro1/X-E1でオールドレンズが使えるマウントアダプター、全一覧

Gレンズ含むニコンFマウントニッコールが使える富士フイルム X-Pro1マウントアダプター

・関連記事
富士フイルムX-Pro1,X-E1でニッコールが使えるニコンFマウントアダプター

Nikon G - FUJIFILM X-Pro1/X-E1
ニコンGレンズを含むニコン・ニッコールを富士フイルムXマウントで使用できるマウントアダプターです。ニコン一眼レフで使用するニッコールの写りをデジタルで記録できます。マニュアルフォーカスのニッコール、AFニッコール、Gタイプニッコールのすべてをマニュアルフォーカスで使用できます。デジタル専用のニッコールGレンズでも、絞り調整が可能です。
アダプターの側面には、絞りを調整するためのリングが搭載されております。絞りリングを持たないGレンズでも、開放から最小まで、絞り変更が可能です。「LOCK⇔OPEN」と書かれたリングを「LOCK」側へまわすと絞り開放、「OPEN」側へまわすと絞り最小になります。