スキップしてメイン コンテンツに移動

オリンパス純正マウントアダプターMMF-1/MMF-2/MMF-3の違い


オリンパス純正のフォーサーズアダプター(MMFシリーズ)は、フォーサーズ用レンズを、マイクロフォーサーズ用カメラボディに装着して使用するためのマウントアダプターです。

MMF-1, MMF-2, MMF-3の違いとは?

スポンサーリンク

フォーサーズアダプターには、MMF-1, MMF-2, MMF-3の3種類が存在します。
大きさは全て同じですが、色や重さ、特徴などが異なります。
最新のMMF-3だけが、防滴・防塵機構をそなえています。
MM-1とMMF-2に機能差はありませんが、重さと本体色が異なります。
2010年発売のMMF-2(質量41g)は、MMF-1(質量83g)に比べて約半分の重さを実現しています。
本体色がシルバーであるのはMMF-1のみです。
カメラボディの本体色にあわせてシルバーのアダプターが必要という場合には、MMF-1を選択してください。

フォーサーズアダプター MMF-1
2009年発売 最大径Ø65×全長19.5mm 質量83g 本体色:シルバー 特徴:唯一のシルバーボディ
フォーサーズアダプター MMF-2
2010年発売 最大径Ø65×全長19.5mm 質量41g 本体色:ブラック 特徴:MMF-1の半分の重さ
ォーサーズアダプター MMF-3
2012年発売。最大径Ø65×全長19.5mm 質量42g 本体色:ブラック 特徴:防滴・防塵機構


MMF-1 唯一のシルバーボディ

MMF-2 質量41g。軽量化を実現

MMF-3 防滴・防塵機構を搭載

このブログの人気の投稿

オールドレンズがよみがえる。マウントアダプターの全一覧

X-Pro1/X-E1でオールドレンズが使えるマウントアダプター、全一覧

ライカLマウントレンズが使えるFUJIFILM X-Pro1 Xマウントアダプター

・関連記事
ライカMマウントレンズ→富士フイルムX-Pro1,X-E1マウントアダプター
マクロ撮影ができるヘリコイド搭載FUJIFILM X-Pro1/X-E1 ライカMマウントアダプター

Leica L - FUJIFILM X-Pro1/X-E1
ライカLマウントのオールドレンズを富士フイルムXマウント(X-Pro1/X-E1など)で使用できるマウントアダプターです。Lマウントのエルマーやズミクロンの写りを、デジタルで気軽に記録できます。ライカLマウントのレンジファインダーカメラと同様に、レンズ装着後に指標が真上に来るタイプのマウントアダプターです。国産Lマウントレンのキヤノン・セレナーや日本光学ニッコールレンズ、Jupiterなどのロシア製Lマウントレンズなども使用することができます。